さぁ、いよいよオークスそしてダービーが近付いて来ましたね✨

まずは今週オークス、樫の女王を決めるレースを考えてみよう(..)





■レース上がり最速馬が、
【7-3-2-1】
と好成績!

うん(..)
府中の長い直線、後ろからズドンっ!
確かにその印象は強いね。

ならばその上がり最速の馬を教えてくれ。
って、まぁ分からんがな。



【過去の上がり最速馬】
🏇デアリングタクト
キャリア③戦→上がり最速③回→100%
桜花賞上がり最速①着

🏇ラヴズオンリーユー
キャリア③戦→上がり最速③回→100%
忘れな草賞上がり最速①着

🏇アーモンドアイ
キャリア④戦→上がり最速④回→100%
桜花賞上がり最速①着

🏇アドマイヤミヤビ
キャリア⑤戦→上がり最速②回2位②回
クイーンC上がり最速①着

🏇シンハライト
キャリア④戦→上がり最速①回2位②回
チューリップ賞上がり最速①着

🏇チェッキーノ
キャリア④戦→上がり最速④回→100%
フローラS上がり最速①着

🏇ミッキークイーン
キャリア④戦→上がり最速③回
クイーンC上がり最速②着


どの馬もコンスタントに速い上がりを使っていた馬
&上がり最速で重賞勝ち馬が目につく!


とりあえず今年の出走馬では、

🏇ステラリア
キャリア⑥戦→上がり最速⑤回2位①回

🏇ユーバーレーベン
キャリア⑥戦→上がり最速③回2位②回3位①回

他に
🏇アールドヴィーヴル
🏇クールキャット
🏇ファインルージュ
あたり!


🏇ステラリアには、ソダシと未対決の魅力。
🏇ユーバーレーベンには、出れないのでは?と思われていたオークスに滑り込めた運が魅力。


まだまだじっくりと各馬考察してみたいけど、現時点では🏇ステラリア、🏇ユーバーレーベンに注目ですね!



🏇ソダシは、血統や脚質から色々言われてますが、個人的には▲以下には落とせない印象。
上がり脚のデータから頭まではないのかもしれませんが、他とはやはり完成度が違う感じ。





■展開的には、逃げ馬不在
3歳牝馬の東京2400m、まぁ超スローか、スローでしょうね(..)

ただソダシは瞬発力勝負は避けたいはずなので、鞍上吉田隼人が馬の能力を信じて早めに踏んで行きそうなイメージ。

ソダシの回りにいた馬が釣られて引っ張られて、その中でスタミナが切れなかった馬は馬券内に残るかも。
そこが穴な予感。
この辺りは枠順次第ですかね?


で、後はどの馬がソダシを差し切るのか?
差し切る馬が何頭いるのか?



とりあえずはそんなトコ(
..)(..)(..)
PVアクセスランキング にほんブログ村






週末は競馬も楽しいけど、家族でやる桃鉄が最高に楽しすぎて(..)(..)(..)





ヴィクトリアマイルの予想(..)






◎グランアレグリア


本命はこの馬しかいない。

安田記念じゃなく、ヴィクトリアマイルに出走とした時点で確勝レベルか?!


馬の具合も良さそうに見えた。

いろいろ述べる必要はないと思う、まぁ連は外さないと思う(..)(..)(..)




問題は相手だね!




前が早い見立てだけど、昨日の京王杯SCでビオグラフィーが0.3秒差で⑤着に残っている。

やはり前も止まらない。

止まらない先行勢を差し切るには32秒台、遅くても33秒台の前半が必要。


そんな脚がハイペースのマイルでも使える馬が上位に、

また使えなければ前が残る。

いや、前が飛ばし縦長の隊列だとすれば差し切るには32秒台は必須。

出せるのか~、各馬🏇

 




◯ダノンファンタジー


昨年は⑤着。

フォトパドックや調教は良く見えた馬、好位をとればなだれ込んでイイ。

藤岡兄×中内田も川田同様ムネアツなコンビと認識している。


バスラットレオンでの無念、不運は今週返ってくる。

人生プラスマイナスさ!





▲マルターズディオサ


トレンドを感じるマイル戦でのキズナ産駒の活躍。いやディープボンドもキズナ産駒だったな。

早い上がりは使えないだろうから、この馬も好位からのなだれ込みに期待。

長めの距離実績があるのもイイ。






☆サウンドキアラ


リピーターレース、この人気ならば狙ってもオモシロイ。





△リアアメリア


ユーイチが気に入って継続騎乗、見所があるはず。

そもそも右回りは案外な馬、左回りでもう一度期待!





△マジックキャッスル

 

①番枠でなければもう少し評価は上だった。






△プールヴィル


やはり差しが届かないと思えばこの馬の残り目もあると思う。

馬体重が増えてきているのは成長の証!






◆買い目◆

・◎→印の馬連&馬単

・◎→印の三連単①着流し&②着流し

②着流しは激アツだよねー!



……………………………………………………………………………
馬券の購入は20歳からです!
当ブログは20歳未満の方へ購入を促すものではありません!
のめり込みには注意しましょう!
競馬を楽しむ方に喜んでもらえるよう努めます。
……………………………………………………………………………


最強競馬ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村



レシステンシアもおさえるかなぁ~、

ラウダシオンも昨日好走したしなー(..)





連続東京競馬場のG1、第2弾は古馬マイル戦のヴィクトリアマイル。

どんなレースになるのか考察してみよう(..)



登録馬を見た第一印象は、

「どの馬が逃げる?」
「逃げ馬多いなっ!」
ですね。


🏇レシステンシア
🏇クリスティ
🏇イベリス
🏇ディアンドル
🏇スマイルカナ
が逃げ馬候補。

枠順次第、スタート次第だろうけど、なんとなく🏇イベリスが逃げそう。

なんにせよ前は相当速くなりそう。
それは皆さん思うハズ。

そうなると差し&追い込み馬を本線に狙ってみたくなるけど、案外とソコに落とし穴がある予感(..)
どーかな?



ちなみにコメントで、

🏇イベリス
「前走は後ろを離そうとしたが付いてこられてキツかった、離し加減で逃げる競馬が出来れば」

🏇クリスティ
「単騎で逃げるのが理想」

🏇スマイルカナ
「まだ緩い感じ」
と発言。

鵜呑みには出来ないけど、イベリスの離し逃げも、クリスティの単騎逃げも、スマイルカナのマイペース逃げも出来ないメンバーですよね(..)
ごちゃついてのハイペース、そのペースこそが🏇レシステンシアのペース。
肉を切らせて骨を断つ流れになりそうな予感、イメージ。

先週のNHKマイルもレコードにコンマ2秒差とさすがの高速馬場。
昨年、一昨年と1分30秒台での決着だったけど今年も近いタイムでの決着になりそう。



今週から東京芝コースはBコース替わり
先週は幾分か差し&追い込みが目につくレース結果だったけど、コース替わりで逃げ先行勢も残れるか?!(..)



【2020年】
前半4F→45.6
後半4F→45.0
勝ったアーモンドアイの上がり3Fは32.9
②着サウンドキアラは33.8
③着ノームコアは33.2
平均ラップ11.3


【2019年】
前半4F→44.8
後半4F→45.7
勝ったノームコアの上がり3Fは33.2
②着プリモシーンは33.0
③着クロコスミアは33.5
平均ラップ11.3


早い時計でも終い33秒台の脚が使える馬が勝つレース。



とりあえず🏇グランアレグリアは置いといて、

🏇サウンドキアラ
昨年のヴィクトリアマイル

🏇ダノンファンタジー
昨年のヴィクトリアマイルと阪神カップ

🏇テルツェット
ダービー卿チャレンジトロフィー

🏇マルターズディオサ
阪神カップ、阪神JF

あたりに注目(..)
淀みない流れのレースで好走した馬たち。





・人気でみると、


🏇アーモンドアイは①人気に応えたけど、

🏇ラッキーライラック
🏇リスグラシュー
🏇ミッキークイーン
🏇ブエナビスタ
🏇アパパネ
と名だたる名牝が負けてきている。
勝ちきれていない。



と書いていて思う(..)(..)(..)





んっ、マイル以上の距離で好走できる馬ばかりではないかっ!

他の好走馬をみても1600m以上の重賞実績がある馬ばかり。
逆に1400m、1200mの短距離重賞の実績がある馬はホント少ない。

古馬のマイル戦、スピードも底力(スタミナ)も必要ということなんでしょう。
 

そう考えると🏇グランアレグリア、🏇レシステンシアともに短距離の方へ、マイル以下にシフトした実績(..)(..)(..)

ここらが狙い目ですか???


●マイル実績は置いといて、1800m以上の重賞実績をみてみると、

🏇シゲルピンクダイヤ
秋華賞③着、中日新聞杯②着

🏇ディアンドル
福島牝馬S①着、小倉大賞典③着

🏇マジックキャッスル
秋華賞②着、愛知杯①着

🏇マルターズディオサ
紫苑S①着

🏇リアアメリア
ローズS①着

🏇ランブリングアレー
中山牝馬S①着、愛知杯②着、フラワーC③着


どの馬もそれなりに魅力はあるが…(..)
穴という視点でみれば、最近ファインルージュ、ソングラインと淀みない流れのマイル戦で結果を残しているキズナ産駒の🏇マルターズディオサが面白そう。

淀みない流れで好走できており、1800m以上の重賞で勝ちきりスタミナ面も証明している。



とりあえずはこんなとこ。
後は調教、枠順、馬場をみてまた考えたい。
グランアレグリアはなんとなく②着づけで買いたいよね~







最強競馬ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑このページのトップヘ

プライバシーポリシー