天皇賞(春)のレース考察(..)



逃げるのは、前走同舞台を逃げ勝った🏇ディアスティマ!

または、中山のグレイフルSを逃げ勝ち、前走日経賞でも逃げた🏇ジャコマル

枠次第スタート次第だろうけど、どっちが逃げるかな?(..)


🏇ジャコマルは2500mを超スローで勝っているが成績が示すように2000mあたりがイイ馬。
あと、馬の後ろに入る形でレースはしてこない。
グレイフルSを勝った時の横山和生騎手がその時のイメージで乗ればハナはこの馬かもしれない。


🏇ディアスティマは逃げる形は3走前から。
ブリンカー装置と逃げの形が相乗効果で連勝。
この馬のイイなぁーと思うのはコーナーからの立ち上がり。すーっと後続が回ってきた時に数馬身差が開いてる、そしてその後もしっかりと伸びる。
前2走ともそう、共に急坂がある中山と阪神だけど失速せずに伸びる。
いいんじゃやいかなぁ~(..)

ただ🏇ジャコマルが横につくとどうなんだろ?
あとは、番手になった時にどうかだよね。



【展開は?】
パターン①→🏇ジャコマルの逃げ
パターン②→🏇ディアスティマの逃げ
パターン③ →両者どちらも引かず

どっちが逃げても平均からスローペース。
もし②頭がやり合うようなら離れた③番手④番手がレースを作れて有利か?

何にせよ後続の仕掛けるタイミングは3角前からであろう(..)多分
ココで動かないならば逃げたディアスティマが勝つと思う。
そして3角前から動くということはかなりのロングスパート、つまりは消耗戦になると考える(..)




【逃げ】
🏇ディアスティマ、🏇ジャコマル

【先行】
🏇ウインマリリン、🏇オセアグレイト
🏇オーソリティ、🏇カレンブーケドール
🏇シロニイ、🏇ディープボンド

【中団】
🏇アリストテレス、🏇ワールドプレミア
ほか

【後方】
🏇ユーキャンスマイル、🏇ナムラドノヴァン
ほか


隊列予想はこんな感じ、もちろん違う可能性が大だけど想定だからね。



完全に松籟Sを基準に考えるけど
松籟Sラップ
200m
12.9
(12.9)
400m
11.1
(24.0)
600m
11.1
(35.1)
800m
11.9
(47.0)
1000m
12.4
(59.4)
1200m
12.4
(1.11.8)
1400m
12.3
(1.24.1)
1600m
12.5
(1.36.6)
1800m
13.5
(1.50.1)
2000m
13.0
(2.03.1)
2200m
11.9
(2.15.0)
2400m
11.9
(2.26.9)
2600m
11.9
(2.38.8)
2800m
12.0
(2.50.8)
3000m
11.5
(3.02.3)
3200m
12.6
(3.14.9)
  

























                          
後半6F→71.8
後半5F→59.9

最初の5F→59.4
中の5F→62.7
最後の5F→59.9

3分割するとよく分かる、一息入れるところが若干ありそこでラップが落ちるだけであとは終始持続的な時計。

ラスト3Fも36.1と上がりもかかりタフさがみてとれる。
ロングスパート戦にはなるけど、スローからのロングスパートではなく、タフなスタミナ比べになるロングスパート戦。
とにかくスタミナ実績、持続力実績のある馬を探そう!




前哨戦をみてみる。


◆日経賞
7.1→11.6→12.3→13.0→12.5→12.8→12.8→12.5→11.7→12.1→11.8→11.3→11.8
後半5F→58.7、上がり3F→34.9
※前半スロー、動きだしは確かに5F地点からだけど、最後は11.3と速いラップがある。


阪神大賞典
12.9→11.7→12.7→12.4→12.7→12.4→12.6→13.3→12.8→12.1→12.2→12.1→12.2→12.3→12.9
※重馬場でこのラップはなかなかでは?、ペースは平均でいかにも持続戦。

前半5F→62.4
中の5F→63.2
後半5F→61.7
上がり3F→37.4


◆ダイヤモンドS
13.3→12.3→12.6→12.9→12.7→12.8→12.3→13.1→12.8→12.7→12.5→12.6→11.9→11.6→11.4→11.8→11.9
※緩やかなペースでスロー、直線向いての決め手勝負
後半5F→58.8
上がり3F→35.1


◆AJCC
12.4→12.2→13.4→12.6→12.7→12.6→12.1→12.0→12.4→12.2→13.3
※不良馬場、時計はかかってる。馬券になったのは差してきた馬。



天皇賞(春)のステップレースといえば阪神大賞典。
重馬場だったけれど、やはりココを圧勝した🏇ディープボンドは今回のスタミナ、持続力という点では抜けている印象。


阪神大賞典で馬券になったのは、先行から更に伸びたディープボンドと、垂れてきた馬を差してきた②頭ユーキャンスマイル、ナムラドノヴァン。


京都の菊花賞で②着アリストテレス、④着ディープボンド。
折り合い、天候、状態などなど色々な要素があるけど阪神大賞典ではこの②頭の順位は逆転する。
単純に考えるとスピードの京都ならアリストテレス、スタミナの阪神ならディープボンドに思える(..)(..)(..)





そんなこんな考えてると枠順が決定!
①ワールドプレミア
②アリストテレス
③カレンブーケドール
④シロニイ
⑤ディアスティマ
⑥マカヒキ
⑦ユーキャンスマイル
⑧ディバインフォース
⑨ジャコマル
⑩ゴースト
⑪メイショウテンゲン
⑫ディープボンド
⑬ナムラドノヴァン
⑭ウインマリリン
⑮オセアグレイト
⑯メロディーレーン
⑰オーソリティ


うん、パッと見た印象は有力馬が内に入ったなぁー(..)
けれど内の馬は最後包まれて動けなくなりそうだなー(..)
どーなんでしょうねぇ。




最強競馬ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサードリンク